seltie セルティ

ブログ
2017/10/09

“服”が好きでもそれがなかったことになってしまうのならば

代表の宮下です。

僕は出勤時は毎日Blogを書き続けてきましたが、スタッフは交互に(交代して)書いておりました。

つい先日より「出勤時は全員Blogを書こう!」となりBlog数がちょっと増えています。

休日はBlogが3つになるので見応え?もあるかと思います。

まぁ理由は色々ありまして長くなるので省きますが、人という部分をもっと大事にしように尽きます。

そんなわけで着用Blogも増えて個人的には楽しいなー。服屋っぽいなー。って思っています。

引き続き宜しくお願い致します。

 

 

さて、

以前にも書いていましたが当店の商品比率は9:1(男性:女性)から始まりました。

少しずつ女性の皆様にも支えられ、今ではほぼ5:5になっています。

ようやくここまできました。

少し前にはこんなBlogを書きました。 →「女性の皆様に支持いただけるように、、」

 

今後はレディースをより強化していく流れなのですがなんだか根本的な解決がされていません。

これをお読みの男性の皆様は少しはご理解いただけるかと思います。

あまり長くならないように書いていきます。

 

 

僕が25歳の時に開店したSeltieは今年で7歳。僕も32歳になりました。

25歳前後だったお客様も30歳を越えてきたわけです。

結婚をされるお客様も増え、今後はお子さん連れも多くなるかもしれません。

結論から言うと、25歳から30歳くらいで男性は服を買わなくなります。

一番の原因は着る機会。

仕事(の服装)が原因です。

結婚やその他、色々とありますが一番はこれです。

もちろん着る機会が減っても、結婚されても、お子さんがいても服を買い続けているお客様もたくさんいらっしゃいます。本当に有難いです。

ただこの問題にぶち当たってもいつも僕らは「仕方ないですね」と言うしかなかった。

 

女性は全然違っていて服を買わなくなるという選択肢は基本的にはありません。値段を落とすとか、量を減らすとかはありますし、他にも理由はあります。(長くなるので書きませんが)

“ファッションは女性のものだ”というのを本当に痛感させられます。

 

 

話は戻って、

僕らの提案している服はまったく一般的ではありません。笑

お世辞にも安くもないし、みんながみんな買えるものでも、着れるものでもない。

これを好きになったことでも奇跡であって、その価値観を共有できたこと、これはお客様も僕もすごいことだと思っています。

僕も散々言っていますが、”人生変わった”っていう人も多い。

その服好きから友達や知り合いが増えて、SNSで繋がって・・・・。たかが服が好きなだけで繋がれる。

 

僕がお店を出した一番の理由は、人生変わったこの服を多くの方にも着てもらいたいからです。

この良さを伝えて分かっていただけて、繋がれて、お互い人生変わって、、、、そんな日々を過ごしていくうちに服を買わなくなる日がきてしまう。本当に多くの人が。

 

それで「女性服に力入れていきます!」

・・・・ってこれなんか根本的に1歩も進んでない。

(そういう理由だけで女性に力を入れるわけではないですが)

 

 

僕らは「仕方ないですね」と言うしかなかった。と書きましたが、奇跡が起こって、人生変わったのに仕方ないですねって、

 

 

仕方なくねーよ!!!

 

 

仕方ないなんて無責任なこと言いたくないです。

この仕事をやってきて、知り合ったお客様と一緒にご飯食べに行ったり飲みに行ったり、もしかしたらある人とは店員とお客様の関係性を崩せなかったのかもしれない。そういうことがなかった方とでも僕はずっと信じてきたものがあって、

それで服から離れたから、あなた(Seltie)ともサヨウナラって、、、、

 

服を買わなくなることは仕方ないことかもしれませんが、それでも多くの方が服に携わっていけるようなコト、それをもっと真剣に考えていきたいです。

それは売り手と買い手ではなくなることです。

Seltieは服屋であり服屋であっちゃいけない。

 

 

「服が好きだった」ということをなかったことにしたくない。

あの時の楽しかったことをなかったことにしたくない。

良い思い出でもいいけどこれからもずっと付き合っていけるような関係でありたい。

 

 

僕が服をはじめた理由はそこなんだと思います。

思うからには形に。

 

→ ONLINE STORE (通販)

 



 

Seltie 宮下 慎司