seltie セルティ

ブログ
2017/04/18

子ども服も揃っております!改めてご紹介を。じっくり読んでいただけたら。

代表の宮下です。

先月の3月から遂にスタートした子ども服。

 

あれから入荷もあり、豊富に揃っております。



 

改めて紹介しますと、衣服の展開は3ブランドで、

BOBO CHOSES (ボボ・ショーズ)/スペイン

frankygrow (フランキーグロウ)/日本

mini rodini (ミニ・ロディーニ)/スウェーデン

 

ヘアゴムを中心をした小物で、

・PONDAPONDA (ポンダポンダ)/日本  ※店頭販売のみ

というブランドを取り扱っております。

 

 

ブランド毎でも紹介しますと、

 

『BOBO CHOSES』は子ども服ではなかなか見かけないデザインと古着のようなクタッとした風合い、素朴で優しいプリントが特徴。基本オーガニックコットンがベースで肌触りはとっても柔らか。社会貢献にも取り組んでいます。

日本での現在のお取り扱いはこちら。(40店舗ほど)

取り扱いの条件も正直厳しく、しっかりと子ども服を展開しているお店でないとなかなか継続が難しいです。

世界各地で取り扱われており、毎シーズンの明確なテーマ、ルックブックの作り込み、世界観は圧倒的です。



ただその分、日本でも偽物が多数出回っております。。。偽物を手にしたことはないですが、画像からでも本物とのクオリティの違いは歴然。

どうせなら是非この本物のクオリティをお子さんに着させてほしいです。値段が高いにも理由があるので、、、

 

・・・・・

 

『frankygrow』は当店で今一番好評のブランド。長野県では初めてのお取り扱いです。”simple pop!”をコンセプトとしており、ユニークで楽しくなるような洋服をつくられています。

このブランドの特徴的なのは日本らしいこと。基本ユニセックスであり、男の子がタイツを穿いたり、チュニックを着たりも当たり前。この自由な装いが実に日本っぽくて素敵です。そしてこういう子ども服ブランドは少なく、絶大なファンが全国にたくさんおられます。


(frankygrowのショップから画像は引用)

 

それだけでなく、生地は『イッセイミヤケ』等も手掛ける会社さんと一緒に手掛けたり(’17A/Wのオリジナルジャガード生地もヤバいです・・)、ジャケットもテーラーに1点1点仕立てていただいていたり、縫製含めたクオリティも抜群。ここも他のブランドとは一線を画すところだと僕は感じております。

 

・・・・・

 

『mini rodini』はスウェーデンのブランド。2006年にイラストレーターであるCassandra Rhodiniにより設立。何と言っても一目でmini rodiniと分かるポップでキャッチーやプリントが特徴的。

これは逆に日本のブランドではまずないインポートならではのデザイン。



形はベーシックなのでコーディネートやあれこれ考えずに着ていただけます。大人では「?」となる柄と柄の組み合わせも子どもなら全然OK。それくらい自由に楽しく着てもらえたらと思います。

オーガニックコットンやリサイクルポリエステル等がメインとなり、生産過程における地球環境への配慮にも取り組んでいます。

このとろけるような肌触りも是非是非体感していただきたいです。洗っても洗っても全然ヘタレませんし、伸びにくいです。結果何枚も買うよりお得だと個人的には考えています。。

 

 

 

と、熱くなってしまいましたが、衣服はこの3ブランドを展開しております。

まだまだ取り扱いを開始したばかりで(kidsとしての当店の)認知も低く、多くの方にご紹介出来ていないのですが、着ていただけたら、触っていただけたら、洗って乾かしたら絶対に絶対に分かっていただけると確信しております。

それは大人服も散々見てきた中でこの3ブランドは、デザイン・クオリティ・生産背景とも素晴らしく、こういう衣服こそ子どもも大人も心から豊かにするものだと思うからです。

 

僕は(大人服や子ども服の)安い服がいけないとか悪いとかは一切思いませんし、それこそ自由だと思いますが、服とは「何を着るかはどう生きるか」だと考えています。

「何を着させてあげてどういう生き方をさせてあげたいか」です。

親というのはみな同じように子どものことを想います。「我が子は天才」ってみな思います。

だからこそ、どこにでもあるようなものではなく、自由で楽しくて子どももアガるようなそんな衣服をこれからも提案していきたいなと思います。

毎日共にする衣服ですので。

今後少子化になるにつれ、「服育」というのはより重要になってくるんじゃないかなと思います。(服屋だからかもですが、、、笑)



滑り台よりも、自転車よりも、お砂場でずっと遊んでいたいという娘も毎日着ています。(もうちょっと早くから着させてあげたかったです・・・)

 

そんなわけで、Seltie for kidsもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

→ ONLINE STORE (通販)

→ ONLINE STORE for Overseas Customer

 

Seltie 宮下 慎司